真に健全で個性豊かな人間教育の樹立

学校法人 武南学園 武南高等学校

仲間との不思議な一体感 祝!明治大学合格

2018/03/14

川口西中学出身の布川くん(選抜クラス)が明治大に合格しました。

「塾に通っていなかったので、僕が、行きたかった大学の進みたい学部に合格できたのは…学校の授業と、やっぱり、一緒に勉強したクラスの仲間の存在が大きいですね。」

と受験を振り返ります。

「僕はどちらかと言うと…入学当初(右の写真)からガリガリ勉強するタイプではなかったので…笑…印象的な授業と聞かれば…武田先生の英語かな~笑」と言うので、先生に聞いてみると…

「布川が力があることは、学年の先生みんなが、早い段階で気づいていたと思いますよ。あとは、いつ彼が本気になってくれるか?笑…どうやって彼の心に火をつければいいのか?担任の先生方は、みなさんそれだけを工夫していたのではないですかね。褒めたり、怒ったりしながら…笑 英単語を本気になってやりだしたら、すぐに力を発揮して、アルファークラス(習熟度別クラスの上位)に来ましたね。入試直前の2か月、センターの予想問題を徹底的にやらせても、本橋らと競い合いながら…常に上位でした。」

「勉強しようって思ってから、飽きっぽい僕が投げ出さなかったのは、選抜クラスの仲間の存在が大きいですね。放課後みんなでやったのはもちろん、学校のあいてない時も、近所の図書館で一緒に勉強しました。なんだろう~一緒に勉強していくと、田口や、内藤や、岡ピー、仲間が成長していくのがわかって、それに焦るというか、それがうれしいような…不思議な一体感を感じることができましたね。こういうインタビューだって、仲間とやり遂げたというものがなかったら…ひとりで頑張っていただけだったら…お願いされても、断っていたかもしれませんね。笑」

「将来は、世の中にひろめるための情報を発信する…ということに興味を持っているんです。発信する手段が多様化し、発信した内容を受けとめる側も多様化しています。人の目を引き付けるだけの発信、話題になりさえすれば良い発信、FACKと言われるような発信さえあります。きちんと伝えるべき情報をどのように選び、どうやって発信すれば人の心に届くのか…あるいは、どうやってFACKかどうか受け取り側は見抜くべきなのか…まだまだ、具体的にこうしよう!あ~しよう!というのはないのですが、大学で色々な角度から勉強したいと思っています。」

合格おめでとう!能力があるのはわかっていますよ。大学でもやるきスイッチ入ってるか確認してね!素敵な出会いに感謝です。